ベルリンPhotoautomatクロニクル

ドイツ、ベルリンのドタバタ、サバイバル日記。

ベルリン生活:物価安?ベルリンで1ヶ月の生活費は高い、安い?

今朝のニュースで「ノイケルンの家賃は10年前より120%UP!」というのを見て、旦那はんと一緒に驚きながらも「いやー、本当に高くなったよね」と話していました。

 

いやー、家賃も上がったけど、毎年思うのがカフェのコーヒーの値段もべらぼう高くなったし、そして毎年高騰しているー、ということです。

10年くらい前はミッテのおしゃれカフェでもコーヒー1€だったのに、今じゃ3€だもんあー、友達の家の家賃は90平米350€とか夢のような安さだったよなー、と遠い目になってしまいます。

 

疑問:果たしてベルリンの物価は今でも安いのか?

答え:2019年現在、安いものもあれば勿論高いものもある

 

という感じです。

ベルリンはヨーロッパの最大の経済大国なのにも関わらず、首都なのに、ロンドン、パリなどに比べれば絶対物価は安い方です。

牛乳やバターなどの乳製品が前より高くなったよねー、とベルリン感覚で考えてしまいますが、いやいや、日本に比べれば、野菜も乳製品もそんなに高くないので、食費は安くで済みます。

 

 

ではどれくらい安いの?というと、実はこんな面白いサイトを見つけました。

 

その名も、ベルリンの生活費 Cost of Living in Berlin. Updated Prices May 2019.

 

 

今日はベルリンでの生活費と物価のお話です。

 

 

⬛︎ベルリンでの生活費:食費編

f:id:photoautomat:20190511033302j:plain

 

日本から貯金を持って行って、それをユーロ換算してしまうと、物凄く高い感じがしますけど、ユーロを稼いで生活していると、やっぱりベルリンは他の都市より食費が断然安いし、日本よりも安いものがたくさんあります。

 

例の「Cost of Living in Berlin. Updated Prices May 2019.」によると、内訳はこんな感じ。

 

f:id:photoautomat:20190510215445p:plain

 

ふーむ。

これはヒップスター価格という感じですね。ベルリンに実際暮らして支払う食事の価格はこんなもんです。

 

  • ケバブなら2.5€〜4.5€
  • ランチはやっぱり10€くらい。
  • 牛乳なら0.70€から。
  • 卵は放し飼いの卵が 2.40€(安いところで2€くらい)
  • チキンはスーパーではなくお店で買えば4€/1kg
  • 赤ワインは3€出せばそこそこ美味しい(日本の1500円代くらいのワインのレベル。bioでも3€以上出せば美味しいのが見つかる)
  • パンは2日に1度1本買うか焼く、値段は2〜3€
  • お米はミルヒライス500g 1€、寿司ライス5kg 18€、ジャスミンライス5kg 13€

 やっぱり、ビオ(オーガニック)にこだわると

外食すると、ファラフェルサンドで4€、ベトナム料理屋や台湾料理屋で食べたら30€、ピッツェリアなら20€〜、コース料理の店なら80€(〜∞)…という塩梅です。

 

 

⬛︎ベルリンでの生活費:住居系編

 

では肝心の家賃などはどんな感じ、かというと、こちらも「Cost of Living in Berlin. Updated Prices May 2019.」ではこんな風になっていました。

 

f:id:photoautomat:20190510215503p:plain

多分、家賃に関してはこの値段より実際200€近く高いかな、と思います。
ルームシェアで1部屋20平米で、もしラッキーならば安くて350€、高いと600€くらいです。
一人用で上にもありますが、大体40平米で光熱費込みで800€くらい。高いですねー、全然家賃安くないですねぇ。
 

⬛︎ベルリンでの生活費:洋服編

 

洋服はどうでしょうか?

下にリーバイスの501の値段が目安として表示されていますが、例えばH&MやCheap Mondayのジーンズだと30~40€で購入できます。こちらのユニクロMUJIジーンズも39€くらいです。

ドクターマーチンのブーツは120€くらいでした。

f:id:photoautomat:20190511200850p:plain

 

ベルリンは「流行」というのがあるようでないので、古着をみんな上手く来こなしてたり、逆に結構ボロボロの服を着てても誰も気にしていないので、服に関してはだんだん買わなくなって来ました。

あと、最近はちょこっと増えて来ましたが、基本スーツは銀行員か海外から出張で来ているビジネスマンくらいしかいません。会社員もジーンズにTシャツとかで仕事しているので、別に着飾っていく必要もないし、すっぴんでも全然構わないし、皺くちゃだろうが、穴が開いていようが、ボロボロだろうが全然平気。そして、ベルリンでもミニマルライフが流行っているから、服、要らないんですよね。

東京にいた時はなんであんなに服買ってたんだろうー?って不思議な気持ちになります。

 

www.expatistan.com

⬛︎私のベルリンの生活費、一挙公開

我が家の家計のざっくりとした内訳は1ヶ月こんな感じです。

項目

家賃

€700

¥86345.00

光熱費

€100

¥12335.00

通信費

€50

¥6167.50

食費

€250

¥30837.50

雑費

€30

¥3700.50

交際費

€200

¥24670.00

交通費

€40

¥4934.00

アルコール代

€60

¥7401.00

保険料

€300

¥37005.00

合計=

€1430

¥176390.50

2019年5月の 1€レート

¥123.35

 

ありがたいことに私が住んでいる物件は家賃がかなり安め。

食費は大体250€以下で、交際費は友人の誕生日などが少なめで家で過ごすことが多い月

は200€以下になります。

食費とは別にアルコール代の項目を書きました。ドイツ人は絶対ビールやワインを飲むのでビール0.80€〜1€、1日1〜2本飲むと大体60€くらい使っていることになります(ただしビール瓶をリサイクル返却すると8セント返金される)。

 

我が家の雑費はこんな感じですが、コスメやシャンプーは安いものがたくさんあるので、これより安く抑えることは可能だと思います。

  • トイレットペーパー:8ロール3€(2€というのもあるが巻きが短い)x月2回
  • 家庭用洗剤諸々:2〜3ヶ月に1回、10€
  • コスメ、シャンプー&リンス、ボディーソープ:3ヶ月に1回、50€

 

また、交通費ですが、春〜夏の間は自転車で移動できるのでよほど遠くに行かない限りは電車には乗る機会もないので、ほぼゼロの時もあります。逆に10月後半から3月くらいまでは移動は交通機関を利用することになります。

ちなみに定期の「定期購入」はABO一年契約がお安いです。

 ★Aboってなに?→ベルリン生活:生活する上で「2018年に買ってよかったもの」ベルリンの定期券Abonnement - ベルリンPhotoautomatクロニクル

 

 

⬛︎夜遊び&バーホッピング&の値段

ちなみに週末の夜、バーホッピングしたり、クラブに行った時はいくらくらいお金がかかるのでしょうか?

夜遊びに関しては、ベルリンは全然高くありません。

  • 入場料:5€〜20€
  • クローク:2€(+チップ)
  • 飲み物:ビール、水、ジュースが3.5€(+チップ)
  • カクテル:7€〜(+チップ)
  • タクシー代:10〜20€(+チップ)

 

バーで軽く飲む、と言ったら結構ピンキリですが、安い店ならビールとワインが2€くらいから。クラブでもビールは3.5€ほど。入場料やクロークを除けば、高いカクテルなどを飲まなければ一晩30€あれば結構楽しめちゃいます。Berghainなど有名なクラブでもお酒の値段はこんな感じです。店によってですが、他のクラブだとグラスや飲み物の空き瓶を返すとその分返金されるシステムあり。

f:id:photoautomat:20190512002456p:plain

 

⬛︎ベルリンは物価安なのか?

ベルリンに越して来た当初はまだ働いていなくて、日本から持って来た貯金をベースに暮らしていたので日本円ベースで考えると「コーラ500mlが1.50€ということは200円、コーヒー一杯が1.80€ということは220円、結構高いな」と思っていたのですが、ユーロを稼ぎ出してからは余り物価高が気にならなくなりました。

 

ベルリンで日本食レストランでフロアで働くと、どの店もほぼベルリンの2019年の最低時給9.19€支払われます。1日5時間働くとお給料はこういう感じです。

 

 

週給

月給

週1日

€45.95

€183.80

週2日

€91.90

€367.60

週3日

€137.85

€551.40

週4日

€183.80

€735.20

週5日

€229.75

€919.00

ベルリンの最低時給(2019年)=

€9.19

 

これにチップが入ると+150€くらいでしょうか。

 

ちなみに日系レストラン以外のお店だと時給は11€以上+チップが入ります。私が働いたことがあるお店は14€+チップでした。

 

月々の手取りが1100€くらいで家賃450€(インターネット、光熱費込み)だった場合、少し節約すれば、食費とかも安めに抑えられるし、夜遊びもそこそこ出来ますが、貯金は少し難しい、という感じです。

東京で11万円の給料で4万5千円の家に住んでいたら、食費と通信費だけで結構いっぱいいっぱいになってしまい、遊びにはいけないかなー、と思います。

 ちなみに、公的健康保険料を表に書き忘れていましたが、フリーランスだと最低180€〜です。

 

 

…ということで、上記のことを踏まえて考えると、ベルリンは家賃は高く、外食したりカフェでコーヒーを飲んだりするのは東京以上に高いかな、と思います。

自炊すれば結構安上がりです。

それと外で飲み歩かなくてスーパーなんかで買ったビールやワインを飲んでしまえば夜遊び2回分が1ヶ月楽しめます。

そんなわけでいろいろ工夫すれば安くで暮らせます!が家賃云々の前に住める家が全然見つからないのでそこが問題なんですけどね。

 

 

ドイツdeワーキングホリデー 最新版

ドイツdeワーキングホリデー 最新版

 

 

ドイツdeワーキングホリデー

ドイツdeワーキングホリデー

 

 

ドイツdeワーキングホリデー―カンペキ!決定版 (イカロスMOOK)

ドイツdeワーキングホリデー―カンペキ!決定版 (イカロスMOOK)