ベルリンPhotoautomatクロニクル

ドイツ、ベルリンのドタバタ、サバイバル日記。

ドイツ婚への道:デンマーク婚→ベルリンの戸籍役場「Standesamt」で婚姻手続き【準備編】

長かったデンマーク婚の準備期間。

通常、最短3週間で済むところ、申し込みから3ヶ月半もの月日が流れ、最終的に書類が揃ってからは全てが嘘の様にスンナリと全てが整って、デンマークでの婚姻手続き&結婚式まで突き進みました。

 

さて、デンマークで結婚が出来ても、ドイツで結婚したことにはなりません。

デンマーク婚の後、自分の地域の管轄の戸籍役場「Standesam」で婚姻手続きをしなくてはいけません。

こちらもいろいろと書類の準備が必要なので、今日はその準備について書きたいと思います!

 

デンマークはヨーロッパのラスベガス?

デンマーク婚に関しての過去のブログはこちらです。

www.photoautomatberlin.work

 

 

ドイツの戸籍役場「Standesamt」での手続き手順

  1. 日本より書類を集める(アポスティーユ+認証翻訳)
  2. 予約を取ろう
  3. 申込書をダウンロードして記入
  4. 戸籍役場に行く(直接予約なしで行く)

⬛︎日本から集める書類

ドイツでの結婚について集める書類はこちらにも詳しく書いてありますが…

japan.diplo.de

初婚の場合、再婚の場合、揃える基本の書類
必要書類
ドイツ人 Geburtsurkunde(出生証明書) -原本1通
日本人





戸籍謄本(ドイツの出生証明書「Geburtsurkunde」に相当)
-初婚の場合、戸籍謄本-原本1通
-再婚の場合、過去の婚姻・離婚年月日が記された戸籍謄本(通常は筆頭者が父親名義と本人名義のもの)-原本各1通)*
婚姻要件具備証明書(Ehefähigkeitszeugnis) -原本1通 
(地方法務局で発行されます。本籍地の市・区役所、市町村役場で発行されることもあります。証明書には必ず相手方の名前を記載してもらってください。)
住民票 -原本1通(不要の場合もあり)*1

 ※日本から揃えた書類にはアポスティーユ、認証翻訳が必要です

再婚の場合

ドイツ外務省のHPでも書いてありますが、

* ドイツ以外の国(日本を含む)での離婚歴がある場合には、外国における離婚の承認申請書(Antrag auf die Anerkennung der auslandischen Ehescheidung )の提出を求められる可能性があります。また、調停もしくは裁判で離婚が成立した場合には、判決文の提出を求められることがあります。提出書類については 戸籍役場の指示に従ってください

 日本で離婚した場合ですが…大体が協議離婚(離婚届を書いて役所に出すだけの離婚)ですので、以下の書類を準備すればよいそうです。

  • 離婚届受理証明書+アポスティーユ+認証翻訳
  • 離婚した相手のパスポートのコピー

 

デンマーク婚の場合

デンマーク婚をした場合、結婚証明書+デンマーク外務省によるアポスティーユのご用意を。

 

これについては詳しく以前にブログで書きましたのでよろしければお読みください。

www.photoautomatberlin.work

⬛︎予約を取ろう

予約は最寄り&居住区の戸籍役場の予約をオンラインで行いましょう。

service.berlin.de

オンライン予約のボタンがない役所は直接行って受付番号をもらい、順番を待ちます。

 

⬛︎申込書をダウンロードしよう

ダウンロードできる場所

 予約が来るまでに、申込書をダウンロードしましょう。

ダウンロードはこちらから。

 

申込書の書き方

ざっくりですが、翻訳を載せました。

f:id:photoautomat:20190306075436j:plain

 

 

f:id:photoautomat:20190306075458j:plain


 ⬛︎所感

ドイツでの結婚は大変だ!と言われますが、ドイツに暮らしていると、ビザの申請だったり運転免許の書き換えだったり、住民登録だったり、といつも書類を揃えているのでその集める種類が違うだけ、という感じですが…

ドイツに居て結婚を決めると、ドイツでは揃えられない書類があるので、アポスティーユをつけて送ってもらったり…と、途端家族を巻き込んでしまうことになり、エライ大変な思いをしました。

住んでいる地域の役所の予約が取れない、とかもういつものことなので、早起きして並べば大丈夫です。

それにしても、メンズはこういう時、面倒臭いことはなかなか手伝ってくれませんねー(笑)。

 

 

 

  

ドイツ夫は牛丼屋の夢を見る

ドイツ夫は牛丼屋の夢を見る

 

 

 

 

 

*1:ドイツ外務省HPより