ベルリンPhotoautomatクロニクル

ドイツ、ベルリンのドタバタ、サバイバル日記。

デンマーク婚への道③:とうとうコペンハーゲンで婚姻手続き&結婚式。結婚式と一連のフロー、結婚式前後にやるべき事柄。

デンマーク婚の婚姻手続きの申込をしてから約4ヶ月。

突然コペンハーゲンのウェディング事務局から「2週間後の◯月◯日◯時にあなたの結婚式の予約が取れました」と連絡が来て、まさに「聞いてないよー」、と慌てて準備をしたこの2週間。

とうとうコペンハーゲンに行って式を挙げてきたので結婚式とその一連の手続きのフローをまとめました。

f:id:photoautomat:20190225214653j:plain

デンマークでの婚姻手続き申込までのこれまでの一連の話はこちらに詳しく書いています!

www.photoautomatberlin.work

 

⬛︎デンマーク婚一連のフロー

  1. 式の前にシティーホールのウェディング事務局で手続き(30分)
  2. 結婚式本番(30分)
  3. デンマーク外務省へアポスティーユを取りに行く(30分)

 

 

⬛︎デンマーク婚:式の前に必ずすること!シティーホールのウェディング事務局で受付を済ませる

事前手続きの時間、持っていく書類について

大抵の人は外国からEメールでデンマーク婚の申込をすると思います。

ウェディング事務局へ式の前にEメールで送った書類の原本を提出しなければいけません。

結婚式の日程が決定した!との連絡が来た時、同じメールにこのような指示があります。

The documents must be presented between 9am and 2pm, at the latest.

The verification can take place any weekday.

(書類は朝9時から午後2時までにお持ちください。平日のどの日でも受付ます。)

持っていく書類は以下の通り

Please note that in order for you to get married on this specific date, you must present the following original documents in person at the information desk at Copenhagen City Hall:

  • Passports
いつまでに手続きに行けばいい?

さて、原本とパスポートを持っていく時間ですが、私たちは午後一番の式でしたので、式当日の朝9時にウェディング事務局に行きました。

当日でも間に合い、朝早くに済ませたのですぐ終わりましたが、やっぱりその後バタバタしたので、できれば前日の午後2時までに済ませておいた方がよかったと思いました。

ティーホールのウエディング事務局受付の場所

下の写真がコペンハーゲンのシティーホールです。ここでウェディングをします。

ウェディングオフィスはここにあります。写真の「ここ」と書いてある場所が正面玄関入り口です。

f:id:photoautomat:20190225221538j:plain

ティーホールの正面玄関に入ってすぐ左の小さなドアが受付です。

この左のドアを入った受付の部屋はこんな感じです。

f:id:photoautomat:20190225222022j:plain

受付に入って、カウンターにいる女性にレファレンスナンバーと「◯日◯時に結婚式をする」旨を伝えると、クリアファイルを渡してくれます。書類の原本、パスポートを入れて、受付の方に渡します。

待ち時間、15分くらいです。

なお、私たちの書類の原本は提出せず、確認だけで戻ってきました。

ティーホールの場所

コペンハーゲンティーホールはチボリ公園の真横にあります。

大きな建物なのですぐわかると思います。

電車の駅、バスの停留所も近くにあるのでわかりやすいです。

 

⬛︎デンマーク婚:とうとう式本番!シティーホールで結婚式!

式の前は30分前に到着すること

事前手続きをウェディングオフィスでする際、奥から担当者の方が案内をしてくれました。

  • 式の予定時間30分前に待合室に到着していること
  • 会場はハートのマークを辿っていくと到着する

まず、シティーホール玄関をくぐり、さらに奥に進むと大きなホールがあります。

f:id:photoautomat:20190225224043j:plain

「💟ハートのマーク」に沿って進むと入り口があります。」

上のホールの写真の右下に、下の写真にある「💟のマークが書かれている入り口」があります。この入り口の上が式場です。

f:id:photoautomat:20190225224358j:plain

待ち時間は30分くらい

式の30分前に待合室に入ります。

待合室入り口にコートなど荷物を置く場所があります。待合室の奥がウェディングのセレモニーホールです。

f:id:photoautomat:20190225225040j:plain

式場は60人収容可能

式場の待合室には60人まで収容可能です。

ただし、60人が会場に入ることは出来ません。家族と中の良い友人合わせて10人くらいがちょうど良さそうです。

持っていくもの

すでに書類も提出し、手続きも済ませたので、特に持って行くものはありませんでした。着替えをして、ブーケを持って、シティーホールに行くだけ。パスポートももう必要ありません。

 

順番が来たら…とうとう結婚式!

当日結婚式をするカップルが私たちの前後に数組待機しています。

予定時間よりも15分くらい遅れましたが、自分たちの番が来ると素敵なコスチュームを着た職員さんに名前を呼ばれます。

あ、この職員さん、さっきの担当者だった!

ホールのなかに導かれ、中でセレモニーを行います。

冗談交じりの楽しい式となりました。

そして、たくさんの式を毎日しているにも関わらず、私たちだけの特別な、そしてオリジナルの空間の雰囲気を作り出してくれるシティーホールの職員さんたち。

終了すると、結婚証明書とシティーホールの建築と装飾と歴史について書かれた本をプレゼントされました。

f:id:photoautomat:20190225230048j:plain

f:id:photoautomat:20190225230136j:plain

結婚証明書について

結婚証明書ですが、書類が5ヶ国語で書かれています。

デンマーク語、ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語

ですので、こちらの書類は翻訳する必要がありませんが、この書類を公的書類として認証してもらうため、アポスティーユをつけてもらう必要があります。

 

⬛︎デンマーク婚:結婚式の後、必ずアポスティーユを取りに行こう

クレジットカードを忘れずに

なににつけても今回の旅で大変便利だったクレジットカードですが、デンマーク外務省の支払いはVisaかMastercardかJTBなどのクレジットカードのみの支払いです。

現金では支払いができないので必ずクレジットカードをお忘れなく!

書類にはアポスティーユが必要

結婚証明書は上にも書いた通り、5ヶ国語で対応されています。

ただし、この書類を公的文書として認証してもらうためにアポスティーユをつけてもらわなくてはなりません。

 ↓こちらが結婚証明書の書類です。

f:id:photoautomat:20190226002705j:plain

アポスティーユはどこでもらえるの?

アポスティーユはデンマーク外務省にて認証してもらえます。

外務省はシティーホールからだと3キロくらいの場所で、チボリ公園前のバス停から10分くらいの場所にあります。

デンマーク外務省

Foreign Ministry /Udenrigsministeriet

2, Asiatisk Pl., 1448 København, デンマーク

 

 バスだと2A、9Aが便利です。

f:id:photoautomat:20190226002303p:plain

 

f:id:photoautomat:20190226002421p:plain

外務省のアポスティーユの窓口はバス停から徒歩2分。Strandgade からAsiatisk Pl.に入ります。

f:id:photoautomat:20190226004553j:plain

(ここは通り過ぎます)

建物をグルーっと回って、川沿いにあります。

f:id:photoautomat:20190226004728j:plain

川沿いに出ると、入り口です。ここからなかに入ります。

f:id:photoautomat:20190226004901j:plain

アポスティーユの申込の仕方

なかに入ると、iPadが壁からぶら下がっています。

そこからアポスティーユ申込手続きをします。

 

  • 個人/企業
  • 氏名
  • ドイツの住所
  • 電話番号
  • アポスティーユが必要な枚数

上記の項目を入力し、最後にクレジットカードにて支払いをします。ドイツのデビットカードだと支払いが出来ない可能性があるのでご注意を!

 

こちらがアポスティーユをつけてもらった書類です。

f:id:photoautomat:20190226002827j:plain


⬛︎全ての手続きが終わったら…

全ての手続きを終えたら、このアポスティーユ付き書類を持ってドイツの最寄りの戸籍役場Standesamtにてドイツでの婚姻手続きを結び、さらに移民局にてビザの手続きをし、日本領事館にも届出をします。

こちらについてはまた追って詳細をブログに書きたいと思います。

⬛︎結婚が終わって…

2019年からデンマーク婚は難しくなった

私たちは2018年後半に既にデンマーク婚の申込をしていたのですが、書類の不備があったりその足りない書類がなかなか揃わなかったりで結局4ヶ月の月日を経て結婚することが出来ました。

なんで去年結婚式の申込をしたかというと、デンマークで国際結婚が2019年以降今までのような条件では出来なくなる。」という新聞記事を読んだからなんです。

もう海外からの結婚を受け付けないかもしれない、というニュースでした。

案の定、2019年1月にデンマークのウェディング事務局のHPをみたところ、内容がグッと厳しくなっていました。

外務省にアポスティーユを取りに行った時にたまたま助けてくれたデンマーク人のおじさんが「結婚式ができて良かったね、もう今年からデンマークも簡単に結婚することが出来なくなったんだよ」と言ってました。

今後デンマーク婚ができる人

デンマーク人のおじさんが言っていた通り、2019年からデンマーク婚はこのように変わりました。

これ以外の申込者は国家中央局(the central national unit)に申込をしなければいけなくなったようです。なんか、どんどん厳しくなっている、ヨーロッパ。

international.kk.dk

 

⬛︎いつまでに到着すればいい?

最後の最後にですが。

結婚式のためにデンマークに到着するにはいつがベストか、ということについて。

私は当日、ブーケを現地で用意したり、書類を持って行ったりと忙しかったので、前日の午前中までにコペンハーゲンに来られたら良かったな、と思いました。

あと、結婚式のあと、すぐにアポスティーユを貰いに外務省まで行くことも出来たんですが、結婚式の後はそのまま一緒に来てくれた人たちと時間を過ごしたかったので、結局翌日行ってきました。

弾丸で結婚式をするならば、早朝について申込をし、結婚式を挙げて、そのままアポスティーユを取りに行く、ということも出来たと思いますが、結婚の前後に過ごしたコペンハーゲンでの時間は本当に素敵で楽しい時間だったので、少し余裕を持って過ごることが出来て良かったなー、と実感しました。

そして、コペンハーゲンで素敵な結婚式ができて本当に良かったです。

 

 

デンマーク幸福研究所が教える「幸せ」の定義

デンマーク幸福研究所が教える「幸せ」の定義

 

 

 

国際結婚・離婚ハンドブック―日本で暮らすために知っておきたいこと―

国際結婚・離婚ハンドブック―日本で暮らすために知っておきたいこと―