ベルリンPhotoautomatクロニクル

ドイツ、ベルリンでのドタバタ日記。

ベルリンで美容:海外旅行の土産にも!使った翌朝が楽しみ!日本未発売のニベアQ10より良い!ドラッグストア「dm」のオリジナルコスメBalea「Q10」シリーズが物凄く優秀だった

ドイツに暮らしていると、ドラッグストアで売っているコスメの商品の豊富さと質の高さに感動してしまいます。

日本に住んでいた時はデパートの化粧品売り場でコスメに大金をつぎ込んでいたのですが、今までの暮らしがなんだったんだろう?という感じです。

 

そんなドイツのニベアQ10、そしてドラッグストア「DM(デー・エム)」にてこの冬見つけたオリジナルコスメの「Balea」のQ10というラインがとても良かったので、今日はそれについて書きたいと思います。

f:id:photoautomat:20190218033724j:image

「ドイツのお土産」自分用、お友達用でお悩みの方、必見!

 

 

 

⬛︎日本未発売ニベアQ10フェースクリームを使っていたのですが…

青缶だけじゃない!ニベアは基礎化粧品も作っています

青缶で有名なニベアですが、実はドイツの会社なんです。創業100年。

 

そのニベア、ドイツでは基礎化粧品をたくさん展開しています。

多くのニベアの基礎化粧商品が日本未発売で、その中でもニベアQ10シリーズは日本未発売なのに個人輸入なので人気がものすごく高いんです。

ニベアQ10シリーズが人気の理由

では何故ニベアQ10シリーズが人気なのでしょうか。

それはニベアQ10シリーズのアンチエイジング効果がすごくいいからなんです。

 

私もドイツに来てからずっとこのQ10シリーズを使っています。何故なら

お肌モチモチ、翌日はフカフカに水分が潤って、シワに効果があるから …です。

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10は体内の中に備わっている物質なのですが、コラーゲン生成に欠かません。年齢とともに現象していきます。現象とともに老化が進むのでこのメカニズムはわかりやすいですね。

Q10は老化防止には欠かせないんです。

日中用と夜用の2種類があるのですが、どちらも一つ10€くらいとお手頃価格。

ここがダメだった、ニベアQ10の欠点

そんな良いところづくめで人気のニベアシリーズですが、意外な欠点がありました。

翌日お肌フカフカになるのですが、正直「もうちょっと保湿があったら最高なのになー」と思っていました。

日本で使っていた高い化粧品に比べたら、比較できないくらい良いところいっぱいなんですけど、なんとなくパンチが足りない…それがずっと気になっていました。

それを解決してくれたのがドイツのドラッグストア「dm」のQ10シリーズでした。

 

⬛︎ドラッグストア「dm」のQ10クリームの方がオススメの理由

ずっとニベアQ10シリーズを使っていたのですが、なんとなく物足りなさも感じていたところ、全てを解消してくれる商品に出会いました。

f:id:photoautomat:20190220023958j:image

それがドイツのドラッグストア「dm」が作っているオリジナルコスメのうちの一つで「Balea」というラインから出ているQ10」シリーズなんです。

www.dm.de

dmのQ10クリームが優秀な点:ニベアQ10シリーズの欠点を補っている!

上のニベアQ10シリーズのところで「何かパンチが足らない」と書いたのですが、このdmのQ10シリーズを使った時に「これだったのか」と思ったのが保湿力とその長さでした。

f:id:photoautomat:20190220024035j:image

ニベアの場合:クリームがサラッとしていて使い心地が軽く伸びが良いです。ですが軽い分、翌朝お肌は柔らかくモチモチになるのですが、その割に肌はつっぱらないのに、保湿はなんとなく少し足りない感じがしました。モチモチなのに足りない、ここがパンチがなくて物足りないな、と思っていました。

 

dmの場合:dmはクリームがモチっとしていますが、使い心地は良いです。そのモチっとしているのがポイントで乾きにくいのですが、その分、ニベアQ10のモチっとさを5乗して、水分も肌の奥までしっかり残っている感じ。翌朝、肌のつっぱりとは無縁です。その上、この肌の柔らかさが長続きします。

これはdmのアンチエイジングシリーズに全部言えるのですが、保湿力がかなり高いです。

dmのQ10クリームが優秀な点:値段が安い!

dmのQ10シリーズの素晴らしい点のひとつはお値段が超安いところです!ニベアQ10クリームが一つやく10€のところ、dmのQ10は驚きの1.95€!

なんとニベアの5分の1の値段なんです。

宣伝をしていないからその分コストが抑えられるのだと思うのですが、パッケージもキチンとして全然チープな感じではありません。

 

 

昼用と夜用の2種類がある

ドイツの化粧品の難点といえば、クリームが昼用と夜用の2種類あることです。

日本で買うことを考えれば両方買っても値段は安いので良いのですが、二つ買うということは場所も取るし、旅行の時とか面倒です。

どちらか一個で済まないか、とも思うのですが、使ってみるとやっぱり昼間用と夜用では効果が違うので、両方使うのがベストです。

昼用はお肌に早く馴染むのですが、夜用はその分リッチですがゆっくりお肌に浸透して行く感じです。

 

⬛︎お試し用やお土産にも!Q10クリームの旅行サイズ5g

ドイツのドラッグストアが素晴らしいのは、お気に入りの化粧品やシャンプーの旅行用ミニサイズが売っていることです。

f:id:photoautomat:20190220024105j:image

 

これはすごく理にかなっていて、旅行に持っていくのもさることながら、新しい商品や今まで使ったことがない商品などを試せることです。WELEDAやLAVERAなどのビオコスメもこのスモールサイズを展開しているので、オリジナル商品を買うと重いしそれなりにお値段もするので、お土産にもいいし、自分に合う商品を比較したい場合などすごくいいです。

 そして、このQ10シリーズもミニサイズが売っているんです!

ニベアが1つ95セントでdmのBaleaのQ10が55セント。

どちらか迷っている方、こちらを買って比較されては?

 

⬛︎Q10を使ったら結果が返ってくる!

このQ10シリーズがあまりに良かったので、本当に今まで日本で化粧品に大金をつぎ込んでいたのに、早く出会いたかったー!という感じです。

なんといってもこのQ10シリーズ、使ったら結果が返ってくる感じ。赤ちゃんみたいな肌になります。

 

そして、この赤ちゃんみたいな肌の柔らかさが長続きします。

Q10シリーズのセラムやアイクリームもすごく良かったので、オススメですよー。

f:id:photoautomat:20190220024133j:image