ベルリンPhotoautomatクロニクル

ドイツ、ベルリンのドタバタ、サバイバル日記。

デンマーク婚への道①:婚姻手続きに必要な書類の種類と申込みをしました(2018年)。2019年以降申込みの人はご注意。

ドイツに住んでいるのにドイツ人の彼氏と結婚するために何故か一度、デンマークで婚姻手続きをすることになってしまいましたのですが、前回のデンマーク婚への道⓪:ドイツ在住なのにデンマークで婚姻手続きをすることにした訳 - ベルリンPhotoautomatクロニクルに書いた話の続きです。

f:id:photoautomat:20190208153358p:plain

コペンハーゲン市役所のHP

今日は2018年時点、私たちが行ったデンマーク婚の婚姻手続きに必要な書類の種類と申込み方法」について書きたいと思います。

(コペンハーゲン市役所のHPを確認したら、2019年に年が変わって、2018年とは大分内容が変化を遂げていたのでそちらは改めて別の記事に…)

 

なぜ、ドイツ人とドイツで結婚するために、デンマークで一度婚姻手続きをしなければ

いけないかは私にドイツ以外の国で離婚歴があるからなんですが、詳しくは過去の記事に書いてあります。ご参考までに。

photoautomat.hatenablog.com

 

 

⬛︎申込みをする前に!日本から準備をする書類

申込みの前に日本で書類を準備しなければいけません。

デンマーク婚の後にドイツでも手続きをしなくてはいけないので、そちらの分も合わせて準備します。

これらの婚姻要件具備証明書のために取得した戸籍謄本1通を除きその他の各書類ごとにアポスティーユをつけなければいけません。

アポスティーユは外務省で無料で発行してもらえます。詳しくは以下、外務省のHPのアポスティーユの案内でお調べください。

www.mofa.go.jp

⬛︎デンマーク婚にはこうやって申込んだ!揃える書類について

コペンハーゲンウェディング事務局HPによる提出書類について

デンマークで婚姻手続きをする際、揃える書類がかなり少なくて済みます。

2018年時点では、コペンハーゲン市役所運営のウェディング事務局のHPによると、以下の書類が必要でした。

  1. 必要事項(氏名、生年月日、本籍地、現在の住所、国籍、配偶者有無)の記入された公的書類
  2. 婚姻要件具備証明書
  3. パスポートの写真ページのコピー
  4. EU圏パスポート保有者はEU圏での滞在許可証(これは観光ビザでもOK)
  5. 離婚または死別の場合、それを証明する各書類(要英語orドイツ語orデンマーク語翻訳)
  6. 婚姻手数料振込領収書@デンマークウエディングオフィスの銀行口座
  7. 申込書(HPよりダウンロード可

f:id:photoautomat:20190208154040p:plain

提出書類に関して補足説明します

さて、少し補足をしていきたいと思います。

1.(必要事項の記入された)公的書類について

ドイツ在住の場合、戸籍役場「Standesamt」で「Erweiterte Meldebescheinigung」という登録書を発行してもらうと

「独身、離婚、死別」

のステイタスが書かれているため、2の「婚姻要件具備証明書」の必要がありません。

ただし、EUで住民登録をしていない場合、例えば観光ビザで来て結婚する場合は日本で書類を揃える必要があります。

どちらも書類を取得後、外務省で「アポスティーユ」を発行してもらったに認証翻訳(英語orドイツ語orデンマーク語)を付けなくてはなりません。

 

3.滞在許可について

滞在許可については観光ビザでも可能です。申し込んだ後2ヶ月以上滞在可能な状態が良いと思います。

【5】離婚、死別の場合はそれを証明する書類が必要です。私の場合死別ではなくて、離婚だったのでその場合を書きますが、

  • 除籍謄本
  • 離婚届受理証明書

上記のいずれかが必要で、書類を取得後、外務省で「アポスティーユ」を発行してもらったに認証翻訳(英語orドイツ語orデンマーク語)を付けなくてはなりません。

 

ドイツ在住の私が準備した書類について

私はドイツ在住のなので書類はこれを準備しました。

  1. ベルリン市の住民票「Erweiterte Meldebescheinigung」
  2. 婚姻要件具備証明書+アポスティーユ+翻訳
  3. パスポートの写真ページ
  4. ドイツの滞在許可証(ビザ)
  5. 離婚届受理証明書+アポスティーユ+翻訳
  6. ドイツの銀行から支払った振込領収書
  7. 申込書

私の彼:ドイツ人はこれを準備しました

  1. ベルリン市の住民票「Erweiterte Meldebescheinigung」
  2. なし
  3. パスポートの写真ページ
  4. なし
  5. なし→独身のため
  6. なし
  7. なし

⬛︎申込みは英語・ドイツ語・デンマーク語で

申込みは英語でも可能です。

ドイツ語が面倒臭い苦手な私にとってはこれは結構大きかったです。

メールはデンマーク語+英語で返信が来ます。

⬛︎コペンハーゲン市役所ウェディング事務局に申込みをしよう

申込みはEメールで

すべての書類が整ったら、ウェディング事務局にEメールで申込みをします。

その際、すべての書類のPDFデータを添付します。

申込み後、すぐに自動メッセージでEmailの受領の知らせが来ます。

通常、3〜4週間で返事が来ます。

 

ウェディング事務局よりメッセージが来たら

3週間ほどすると、事務局より本メールが届きます。

メールには申込みの受付の有無、固有の番号が発行されます。

 

書類に不備がある場合、この最初のメッセージで追加書類の提出を求められます。このメールに対し、追加書類を添付し返信すると、また返事が3週間後に来ます。

時間がもったいないので、書類の不備に関しては十分気を付けましょう。

 

書類の不備:私が求められた追加の書類の話

私は書類の不備があったため、再提出を求められたクチです。

というのは情報が錯乱していて、ドイツの戸籍役場「Standesamt」で取得できる住民票のみ提出すれば、離婚に関する書類を提出する必要はない、と聞いていたのです。

改めて「離婚を証明する書類を提出せよ」と連絡が来たので、私は2種類の書類を準備しました。

一応、この二つをアポスティーユ+認証翻訳をつけて提出しました。

 

⬛︎感想

申込みをして3週間以内に連絡します、とのことでしたが、メールを送ると実は2週間くらいかそれより短いくらいで返事が来ます。

手続きがすべてスムースな印象を受けました。普段、ドイツの石頭+担当者とその人の能力or気分というお役所気質に悩まされて惑わされている私ととしては「こんなにスムースに事が進んでいいいのでしょうか?」と思いました。

 

⬛︎2019年以降は少しハードルが上がり、難しくなってきたデンマーク

世界で初のゲイ婚&同性婚が認められた国デンマーク

国際結婚にも寛容で、ヨーロッパのラスベガス、と言われたのですが、その後、実は変化がありました。

デンマークの国内で右翼政党が一気に力を強め、このデンマーク婚に反対をしていて、とうとう2019年以上、国際結婚をする際のルールが難しくなりました。

詳しくはコペンハーゲン市役所及びデンマークのウェディング事務局HPをご覧いただきたいのですが、2018年はドイツ国内も極右翼政党AFD(ドイツのための選択肢党)が支持を増やし、選挙で大成功を納めたり、旧ソ連時代に共産主義だったポーランドその他東ヨーロッパ諸国も右翼化が進み、外国人に対して厳しい状況になりました。

私たちも結婚を意識した時、デンマークが候補に上がった後に「2019年はひょっとしたらもうデンマーク婚が不可能になるかもしれない」という記事を新聞で読んで、急いで申込みをしました。

これから国際結婚をドイツで考えている方、特にドイツ国外で離婚歴がある方でデンマーク婚をお考えの方、早めにお手続きをされた方が良いと思います。

 

次回はデンマーク婚、結婚式の予約について書きたいと思います。

 

photoautomat.hatenablog.com