ベルリンPhotoautomatクロニクル

ドイツ、ベルリンのドタバタ、サバイバル日記。

移民はつらいよ in ベルリン:ベルリンに家族で引っ越す!部屋探す!の相談。移住の課題、の巻(補足)

先に「移民はつらいよ in ベルリン:ベルリンに家族で引っ越す!部屋探す!の相談。移住の課題、の巻 」で「家族、夫婦でベルリンに引っ越す」のが、昔みたいに簡単じゃなくなっているー、ということを述べたのですが、ちょこーっと補足します。

photoautomat.hatenablog.com

⬛︎ベルリンでお部屋さがしは大困難

住所登録」可能な部屋を探すのは単身者でも難しい

前の記事で、移住と合わせて「ベルリンで部屋を探す」という相談を一緒に受けることが多く、そして「ベルリンで部屋を探すのはドイツ人でも難しい」という話をしました。

ベルリンで部屋を探すのはものすごーく難しいです。単身者でも難しいです。

特に定職がなく、一定の収入がないとなると、候補の中から一番最初の外される可能性が高いです。

そして、ドイツで長期滞在ビザを取得するには、必ず「住民登録(Anmeldung,アンメルデン、アンメルドゥング)」が必要になります。この住民登録がかなり厄介です。なんとか部屋は見つかるのですが、「住民登録」可能な部屋じゃなくて非公式な賃貸の場合もあるんです。住民登録ができないと、何も出来ないベルリンです。

 

部屋さがしは移住前からスタートする

既にベルリンに引っ越してきた人、これから引っ越してくる人がよく「とりあえず、(ホテル又は)短期契約のアパートを見つけたんで、そこを拠点にしながらベルリンで部屋さがしする予定です」って仰いますが「アンタ、それじゃ遅いヨ」と答えています。

私がベルリン移住を決め2014年から日本で物件探しを始めました。結局引っ越したのはちょっと後でしたが、物件探しが月を追うごとに難しくなっているのを目の当たりにしました。結局半年以上経過してから引っ越しましたが、引っ越し1ヶ月前になっても部屋が見つからず、ギリギリに知り合いから紹介されたルームシェアの一室にとりあえず決めました(実はこの部屋がまさかの「住民登録」出来ない部屋だったのですが…)

とにかく、移住を決めたら、遅くても3ヶ月前からは不動産サイトや日本人用のコミュニティーサイト、そして知り合いを駆使して部屋探しを始めた方がよいです。

 

ger.mixb.net

「短期滞在アパート」を探す

ということで、長期契約が出来る賃貸アパートが見つからない…という場合、短期滞在型アパートにとりあえず引っ越してしまうのも手です。

短期滞在アパートの欠点はもちろん期間の短さもですが、お家賃設定がお高めです。そして、この短期アパートがずっと貸しに出されている場合、オススメなのが「もう少し長期で借りられ、そして住民登録が可能か」聞いてしまうのも手です。とにかく引っ越してきてビザの準備もしつつ、見つからない部屋を探すのは結構困難なので、私の友人の一人はこの手でビザ申請に漕ぎ着けました。

 

思い切ってルームシェアで探してしまう

家族だし、夫婦だし、できれば水入らずで暮らしたいわけですが、ベルリンで部屋探しってそう簡単にいい条件のアパートが見つかるわけでもありません。

そういう時、ルームシェアや「プロジェクトハウス」というシェアハウスもオススメです。プロジェクトハウスはいろいろなタイプがあって、子育て中のシングルマザーや家族、アナーキストフェミニストLGBTフレンドリー、ベジタリアン、ミュージシャン、アーティストなどが協力しあって暮らすことが出来る面白いシステムです。

私も住んだことがありますが、結構面白いです。

ベルリンは基本、ルームシェアリングで住む人が多いので、このプロジェクトハウスは一度体験してみるのもオススメなので、選択肢に加えられたら幅がグッと広がるし、知り合いも一気に増えますよ。

 <おすすめのシェアハウスサイト>

https://www.wg-gesucht.de/

 

⬛︎ビザについて考える

取得するビザ、どのように考えていますか?

よく聞くのが「ドイツ語を勉強しつつ、仕事を探す」というスタンスです。

語学学校ビザでは働くことが出来ない

「とりあえず学生ビザで…」とみなさんお話されます。ちなみに語学学校ビザはこんな感じ。

  • 語学学校ビザは1年くらい滞在が可能
  • 十分な貯金が必要
  • 就労は不可

語学学校ビザで滞在しつつ、仕事を探す、となると結構な貯金が必要です。

月々、家賃を含む生活費が節約して節約して大体800ユーロ以上は必要になるとおもいます。

内訳はこんな感じでしょうか。

  • 家賃(350 〜550Euro)
  • 通信費(携帯電話のみ:13〜30Euro)
  • 食費(150〜200Euro)
  • 交通費(0〜80Euro)
  • 交際費(100Euro)

となると、外国人局・移民局にビザを申請する際銀行口座の残高証明をするのですが、

  • 800Euro x 12ヶ月=約10,000Euro

これ以上の残高が必要になります。残高の金額=滞在出来る年数という感じなので、お金は持っていることに越したことはありません。

語学ビザから就労ビザに切り替える、語学力が物を言う

語学ビザで例えば半年〜1年ドイツに滞在したとします。そろそろ仕事を探したい、という時、自分の専門を生かしフリーランスになるか、会社勤めするか、在ドイツ日本法人の仕事に就くか、思いっきり日本語の仕事に就くかのどれかになります。

フリーランスになるにせよ、会社勤めをするにせよ、英語力かドイツ語力が物を言います。

そうでなければ日本食レストランの皿洗いの仕事なんかもありますが、もしあなたのドイツ語の語学力がアップしていたら、普通にドイツの会社で働くことが可能なんです。フリーランスになるにせよ、ドイツ語が出来たらビザを取る際に絶対に有利です。

かという私も、ドイツ語を学んだお陰で職業選択の幅がグーッと広がりました。

ドイツ語、頑張れ!と周りで苦労していて、英語のみでサバイバルしている人たちにもいつも言っています。

 

働けるビザ、大学入学準備ビザはお勧めできない

昔々、ベルリンでフリーランスに切り替える際、この手が流行りました。

  1. ワーキングホリデービザで1年、ドイツで働く
  2. 大学入学準備ビザで2年働く(ただし、週20時間などの時間制限あり)
  3. 大学準備ビザが切れると同時にフリーランス(アーティスト)ビザに切り替える

ちなみにフリーランスのアーティストと言ってもアーティスト活動を全くしていないアーティストです。

これを駆使する人が本当に多くて、とうとうドイツ政府は2017年、このような決定をしました。

  • 大学準備ビザはビザが切れて大学に入学出来なければ、他のビザに切り替えることができない
  • ビザが終了後、即、母国に帰国しなければならない

というもの。

ざっくりですみません。

大学入学準備ビザって入国したその年はアルバイトをすることが出来ないんですけれど、翌年から時間限定で働くことが可能という有り難ーいビザなんですが、現在は上記のように厳しいものになっているので、これは大学に行く、という目的がない限り、選択肢に入れないほうがいいと思いますヨ。

就業ビザ(職種限定)

仮に語学学校ビザが終わった後、もしくはドイツに来てすぐに就業先が見つかり「就業ビザ」が取れそうだ、ということにします。

この就業ビザ、その会社で貰っている契約期間によって1〜3年のビザが下りますが、もしあなたがその会社を辞めてしまった場合、即ビザの効力がなくなります。

このビザが下りる条件はこんな感じ。

  • 特殊技能
  • ドイツ人に代わりが出来ない職業

…ということで、一番最初に就労ビザを貰うと、職種が限定されてしまうんです。特に日本人なので、日本に関わること、日本語を使うような仕事に割と限定されます。もしくはものすご〜く特殊な技能を持っているとかだとその限りでないとは思うのですが。

「その人しか出来ない特殊技能」というのはフリーランスにも言えますね。

就労ビザの職業期間は早くて3年、その後職業限定解除

就労ビザは最初1〜3年下ります。大体の人は3回目の申請の時に初めて「職業限定解除」がビザに盛り込まれる、なんて言います。

これを取ってしまえばこっちのものです。

仕事の掛け持ちも出来るし、自分の専門外の仕事も出来ます。

正直、ベルリンの日本食レストランや日本法人で働いてハッピーだった、という話はほとんど聞かないので、みんな、この「職業限定解除」を目標に踏ん張っています。

ただし、例外もある

最初にフリーランスなり、会社に働くなりで就労ビザを申請する場合、「日本人にしかできない仕事」「特殊な能力」が条件になっているわけです。

ただし、この手で生き延びた人が居ます。

「ベルリンでサービス業は人材不足でドイツ人が働きたくないのだから、結局外国人にその人材不足を補って貰うしかないではないか!ドイツ人がやりたがらない仕事をドイツ語が出来る外国人に雇用機会を与え人材不足を解消させようというドイツ企業があるわけだから、ビザをくれよ!」

…これをやったのは私です。

偶然、ドイツ人から仕事を貰ったお陰で最初の就労ビザを貰うことになりましたが、外国人局が渋っている時に、こうやって話して、ビザを取得することが出来ました。

とにかく、ドイツ語がピンチを救ってくれました。

ドイツ語、頑張るといいことあります。

 

⬛︎もう一度、ドイツ語学習のおすすめをする

…ということで、くどいですが、ドイツ語学習のお勧めをします。

 単語!キクタンシリーズはドイツ語単語の基礎が本当に網羅されているし、図なんかも分かりやすいのでとってもお勧め。

 

 

そして、単語と共に、会話を学ぶ前にこの文法を学ぶのがおすすめ

 言わずもがな、獨協大学が監修したドイツ語の本なので、これはお勧めです。ちなみに私の大学のドイツ語の先生も獨協大学出身でした。

白水社といえば、フランス語の方が有名なんですけれど、白水社はフランス語で素晴らしい文法の本を出していて、同じく、このドイツ語の文法の本もすごく役に立ち、周りの生徒から羨ましがられました。これは持っているといいです。

必携ドイツ文法総まとめ

必携ドイツ文法総まとめ

 

語彙が少し上がって、A1レベルくらいをマスターした後は、会話のフレーズも徐々に学んでいきましょう。この本は同じようなフレーズが3通り出てきます。特にドイツ語はいろいろな話し方や聞き方があるので、実家からこれを送ってもらった時、早く持っていればよかった!と思った一冊です。