ベルリンPhotoautomatクロニクル

ドイツ、ベルリンのドタバタ、サバイバル日記。

ベルリン生活:ベルリンで読書の秋 その③本を持って行きたい場所

今週のお題「読書の秋」

 

…ということで、これまでその1、その2と「読書の秋」について書きました。

私は無類の本好きです。このテーマが「今週のお題」になった時は「キターーー」と思ったのは私だけではないはずです。

 

⬛︎本を持って行きたい場所:カフェ

お気に入りの本が手に入ったら、美味しいコーヒーとケーキを食べながらゆっくり読書したい。

Espressobar Latazzadoro

ここは偶然見つけたのですが、古い建物の中にソファーがたくさん並んでいて、好きな場所を陣取ってコーヒーとケーキを頼んで読書開始。ここのコーヒー、エスプレッソバーと看板が立っているように本当に美味しいし安い!手作りのケーキやお菓子が夢のように並んでいて、とりあえず一つ、なにか一つ頼んでから次にもう一個、と絶対いくつか頼んでしまいます。

tazzadoro.de

◯K-fetisch

ノイケルンにあるコレクティブで運営されるカフェ。

難民やいろいろ問題を抱える外国人LGBT...の駆け込み寺的な場所でもあります。

コーヒーも美味しいですが、ヴィーガンまたはベジタリアンのケーキが豊富。コーヒーを頼むと小さなクッキーがついてきます。

タバコを吸う人、アンチの人、同じように大きな部屋が用意されていて、どちらもソファーや椅子がドカンと置いてあり、ぼちぼちいつも埋まっています。

コンピューターを持って行って仕事などをしていると「そろそろ終わりにしてください」と注意されます。その代わり、勉強を何時間していても文句を言われません。

私は一人用のソファーがあるので、そこの席が好き。本を読みつつ、ケーキを切っては口に運びコーヒーをひと口飲み、また本の世界に耽ってはケーキを食べてコーヒーを飲む…最高。

コーヒーは美味しいけどお値段も休め。カプチーノも美味しいですが、大きめのアメリカーノが好きです。

 

f:id:photoautomat:20181121051916p:plain

 

◯Winterfeldt Schokoladen

シューネベルグのノーレンドルフプラッツの先にある、古い薬屋さんを改装したチョコレート屋さんです。なにがおすすめかというと、チョコレートの種類も豊富ながら、チョコレートのお菓子もたくさん置かれていて、そのチョコレートのお菓子を食べながらチリ味のピリ辛ホットチョコレートを飲む、という禁断の組み合わせが出来るカフェなのです。

アンティーク調の店内でフォンダンショコラを食べながら本を読むのはもう最高。カフェの帰りには木曜と土曜に開催される屋外マーケットでターキッシュディップを買うのがオススメ。

 

近江屋洋菓子店

日本だったら断然行きたい場所はここ、近江屋洋菓子店

近江屋洋菓子店 焼きたてアップルパイ

ここは子供の頃から通っていて、オーセンティック店の雰囲気と昔ながらの丁寧に作っているケーキが最高。実は飲み物がドリンクバーになっているのですが、そこにはスープや自家製フルーツジュースなども置いてあってそれが本当にみずみずしくて美味しいんです。

大声で話している人もあまりいないし、高い天井、店内の適度な雑音が心地よく、本に集中させてくれます。

 

⬛︎サウナへ行く

本格的に寒くなってきたので、だんだん体も縮こまってしまいます。なんとなく風邪っっぽいかも。そしてリラックスしたい。

そんな時はサウナに行って、よーく温まった後、チルアウトスペースで本の表紙を開いてゆっくり読書。読書に飽きたらまたサウナへ。

 

◯おすすめのサウナ

Liquidrom

f:id:photoautomat:20181121054759p:plain

 

⬛︎シュプレー川の上の船上ホテルでゆっくり本を読みたい

ヨーロッパに住んでいると、運河がたくさんあるせいか、船に乗る機会も結構あります。airb&bでハウスボートも借りられます。真冬のシュプレー側の上で船の中で本をじっくり読みながらワインでも飲みたい!

 

Floß - AHOI! - 借りられる船 - Molchow, Brandenburg, ドイツ

 

www.airbnb.jp

f:id:photoautomat:20181121055219p:plain