ベルリンPhotoautomatクロニクル

ドイツ、ベルリンのドタバタ、サバイバル日記。

KIWU❶ :ミレーナ抜去から急な体調不良と妊活へ

長期の体調不良から、とうとうIUSミレーナ(黄体ホルモン付帯の避妊リング)を外した話を書きましたが、その後、実は体調が優れない日が続きます。

体調不良に「大病ではないか」と年齢的に気になってしまいます。

私の行く一般医が近所だし、先生が英語話せるし、薬すぐ処方してくれるし(ドイツだととりあえず「ハーブティー飲みなさい」と家に帰されることが多い)最高だと思っているのですが、ドイツ人の彼氏のび太くんが「病院は絶対シャーロッテンブルグに限る」とということでのび太くんのかかりつけの病院に行きました。(結果、婦人系の病気の疑いがある、と結局婦人科にまた舞い戻ることになったのですが)さすがリッチなシャーロッテンブルグの病院、綺麗だし、オシャレだし、コーヒーが出てくるし、広々していて本当に行ってよかったです。遠かったけど。

f:id:photoautomat:20190205175736j:plain



⬛︎ずっと続く体調不良、婦人科に行ってみた

ミレーナ抜去以降続く体調不要ですが、症状は吐き気、めまい、下腹部痛、胃痛、疲労感などです。思い当たる理由がうかばないし、妊娠検査薬で調べても結果は「ー」の陰性です。こうなってくると、ますます不安が募ります。

シャーロッテンブルグの病院に行った翌日、家の一番近くの婦人科に行くことにしました。

前にかかっていた病院は実はミレーナ抜去後、もう一度体調不良のため訪れたことがあったのですが、対応がひどかったし、先生のこともなんとなく不信に思っていたので思いっきって別の病院に変えました。

新しい婦人科が、また個性的な病院で結構笑えるのですが、それはまた別の機会に。

 

新しい病院は歩いて1分のところにあります。

朝9時に開くので10分前に行き、病院の前で待ちます。すでに待っている人がいるのですが、ホワイトトラッシュなドイツ人とトルコ人若い女の子(あれ?学校は?)と私は3番目。9時に病院が開いて、初めて入る病院は古い建物の割には清潔で明るい雰囲気でした。うん、それにしても変わっている。

「最初は検査料として26ユーロいただきます」

その時、手持ちが十分じゃなかったので(ドイツの病院は基本無料)翌日予約を取ってくることになった。

その時に受付で「腹痛があって、他の病院に行ったら婦人科に行くよう言われました。ミレーナを外したのですが関係あるかと思って。」と説明したらでっかく「KIWU」と書かれた予約の用紙を渡されました。

家に帰って、のび太くんに「KIWUって書かれちったよ」と話したら「まあ、それもいいかもしれないね」という話になって、KIWUという方向で治療してもらおうということになった。

 

⬛︎KIWUとはKinderwunsch妊活のこと

ということで、翌日病院に行くと、最初にラボラトリーに通されます。

ラボラトリーに行くと、来たのは昨日の受付の女性。実はこの人、先生のアシスタントの方だったのでした。

最初に年齢、初潮、病歴、妊娠歴、なぜ来たかなどを聞かれます。

私の場合、体調不良、ミレーナの抜去のことなどを話しました。

するとアシスタントの人に

「それ、ミレーナ外したから外す前よりホルモンが活発になって子宮や卵巣に影響が起こっていることで多分普通のことよ」

言われました。そして、子供は欲しいのか?と聞かれたので、はい、と答えた。

ところでドイツ語で妊活のことを「Kinderwunsch」略してKiwuと言います。

私が「はい」と希望したことで、ことは一気にKiwuに向かって走り出しました。

 

⬛︎診察そして結果

とうとう診察することに。

診察はすぐ順番が回ってきました(ドイツだと予約があってもなかなか診察まで時間がかかる)。診察室で先生にラボラトリーで話したことをそのまま話します。先生、変わっている…

やっぱり、ミレーナ後、ホルモンの働きによって、いろいろなところに影響を及ぼしているよう。子宮頸がん検査と乳がん検査もしてどちらも異常なし。超音波で子宮や卵巣もチェックしてもらうと「ミレーナ後はホルモンの働きかけを強く感じるし、そろそろ排卵期だね。だから特に体調が悪いのかもね。」とのこと。

とりあえず、この体調不良に関しては様子見をすることにして、妊活用にサプリを処方してもらい、診察終了しました。

診察後、またラボラトリーに呼ばれ、「次の生理が来た最初の日に病院に来てください」とカレンダーのカードを渡されました。

 

⬛︎KIWUのサプリ

処方されたサプリ、ヨード、葉酸ビタミンB12などが入っています。この3つは赤ちゃんの成長を助けたり、赤ちゃんの先天性障害から守るという役割があり、妊娠前から妊娠初期に欠かせないサプリだそうです。

ところで、公的保険を使うと薬代はほとんど5ユーロというドイツですが、このサプリは病院から処方箋があったにもかかわらず、プライベート扱いで約8ユーロもかかりました。

そしてインターネットで調べたら5ユーロくらいで買えたので、チッ。

でも大切なので、近くの薬局で即購入しました。

www.sanicare.de