ベルリンPhotoautomatクロニクル

ドイツ、ベルリンでのドタバタ日記。

ベルリン生活:冬のカサカサ肌と水道水の関係❶お肌の乾燥解決策の話

11 月も中盤に差し掛かってきて、超寒いドイツ。

10月の終わりまで20度くらいのお天気のいい日があったのに、先週くらいからいきなり冬、ツレないベルリンの秋がやってきました。秋を楽しむ間もなく、冬に突入という感じです。

セントラルヒーティングのハイツング(暖房)をONにする季節になると、室外も室内も乾燥して朝に喉が痛くて目が覚める時があります。そして、朝起きると、肌もものすごく乾燥して、保湿したのにお肌がカサカサ…と冬はなんだか体がかわいそうになります。

 

⬛︎お肌、カサカサの季節がやってきたin ベルリン

…というわけで、お肌がカサカサしてカユカユとなるベルリンの秋です。私はベッドの真横がハイツングなので、肌が石膏で出来ているんじゃないか、というくらいパリパリになります。前の日にお肌のお手入れもしっかりしたのになー。

もともと乾燥肌で乾燥が進むとお肌が敏感になって発疹なども起きるため、保湿は欠かせません。

お風呂上がりってお風呂に入る前より乾燥するので、終わった後、髪を乾かすよりも早く、一番最初に顔とボディの保湿は欠かせません。これはまだお肌がなんとなく水分が残っているお風呂上がり5分以内に済ますようにしています。

 

ボディークリームは日本でも輸入されているドイツのオーガニック系のWeleda が有名ですが、私はWeledaテクスチャーがあんまり好きじゃないので、お肌にすぐ馴染んでくれる Leveraを使っています。香りもいろいろチョイスがあり、お値段もWeledaよりお手頃。ボディーローション・ワイルドローズの香りは使い心地も最高ですが、香りが夢のようです。

ボディローション ワイルドローズ

ボディローション ワイルドローズ

 

そして、これでも乾燥が気になる時はこれ。同じくLaveraの、オールラウンドクリーム。

f:id:photoautomat:20181119034124j:image

オールラウンドクリームはニベアのオーガニックバージョンで天然成分で作られています。香りも良いのですが、お肌がモチモチに。そのモチモチ感がずっと長続きします。

コンパクトで缶入りなので、旅行の時にも便利。

lavera Basis All Round Cream 150ml

lavera Basis All Round Cream 150ml

 

 Laveraの長所はお手頃価格と使い心地の良さ。ですが欠点があって、毎日たくさん使いたいのに、これだと3週間くらいで終わってしまい、常日頃から「大きいサイズがあったら絶対欲しい」と思っているんですけど、かれこれ、Laveraは10年以上使っていますが、なかなか大きいサイズの展開はしてくれません。

  

最近、Laveraの代わりにこのニュートロジーナのディープモイスチャーローションのポンプタイプを使っています。

f:id:photoautomat:20181119034159j:image

香りはやっぱりLaveraの方がいいしモチモチ感もオールラウンドクリームに匹敵するものはないのですが、なんせ、このポンプが本当に楽で、お風呂から出たらすぐにポンプを押すだけでクリームが出てくるし、他のメーカーと比べてもこのクオリティーでこの大きめサイズを出しているところはここだけなので、とても良いです。

 

⬛︎化粧水を使いたいのにドイツには化粧水がない

ちょっとドイツでびっくりしたことがあって、化粧水をつける、というコンセプトが全然ないみたいで、化粧水が全然売っていないところです。

化粧水かな、と思うと拭き取り用の化粧落としの場合が多いです。

ところが最近、「特別なお手入れ」という「お肌へのご褒美」的なターゲットでフェイスマスクシートを見かけるようになりました。これを見た時、「ドイツもここまで来たか!」と感動したんです。

f:id:photoautomat:20181119034952j:image

私はよくDMというドラッグストアーでコスメを買い物するのですが、DMのオリジナルブランドからいろいろなフェイスマスクシートが出ていて、これが本当に素晴らしい。

www.dm.deお風呂上がりにすぐ顔に乗せて保湿しています。

f:id:photoautomat:20181119034239j:image

ただ、時間がない時とかに「化粧水だけ単体で使いたい」という時、すごい困るのですが、その時には同じくDMのオーガニックローズウォーターを使っています。

www.dm.deこれだと保湿が足りないので、薬局で購入したグリセリンを少し足して使っています。

 

⬛︎お肌がカサカサになるのはお水のせい、ベルリンの水道水事情

ヨーロッパに住んでいる人がよく話している「水がどうも」という話。

ヨーロッパの水道の水は硬質で石灰=カルキがめちゃめちゃ多いです。電気ケトルの中を見ると、あるある、石灰のかたまり。これがお肌の潤いを奪ってしまうのです。

もちろん、冬は家中を温めるので部屋が乾燥もしているのも確かなのですが、お風呂上がりになにもしないと、ただでさえ乾燥するのにこんな硬質の水で洗っていると本当に肌がまるでゾウのようになります(本当に!)