ベルリンPhotoautomatクロニクル

ドイツ、ベルリンでのドタバタ日記。

ベルリン生活:紅葉の季節、幻のキノコ狩り、そしてちょっと寂しくなる

今週のお題「紅葉」

 

ということで、ベルリンの紅葉の季節について書きます。

f:id:photoautomat:20181115055608j:image

⬛︎キノコ狩りの季節がやってきた

10月、だんだん気温が下がってきて、家のキッチンから見える中庭にある大きな木の葉が少し黄色くなりだし、パラパラと一枚、また一枚と地面に落ちてきます。

のび太くんが「そろそろキノコ狩りの季節だな」と「例の場所」に週末にキノコ狩りに行くことにしました。

みなさん、それぞれキノコに関しては秘密の縄張りがあると思いますが、私たちにも何箇所かそんな場所があり、それが「例の場所」なんです。

キノコのことをドイツ語で「Pilz」と言います。

キノコ狩りのことは「Pilzesammeln」です。

⬛︎今年初のキノコ狩りに行く

今年の夏、ベルリンは雨が全然降らない上、観測史上2番目の猛暑でブランデンブルグ州などは乾燥による火事が発生し大被害を被りました。そしてまだ、その週末は気温が下がってきたといっても17度とか。

「ひょっとしたら、ないかもなー、キノコはー」

10月半ばの週末、キノコ狩りに行く道すがらのび太くん。

ベルリン市内から車でしばらく行ったところに「例の場所」はあります。

車を道路に停めて、しばらく林を歩くと「例の場所」にたどり着くのですが…

全くキノコの気配なし。

その後、2時間くらい探しまくったのですが、キノコは残念ながら見つかりませんでした。

キノコ狩りは幻に終わってしまいました。

毒キノコは見つかったんですけどね…

f:id:photoautomat:20181115055523j:image

「そういえば何年か前もこんなことがあって、キノコが一個も見つからなかったな」

ドイツでは大きいサッカーの大会がある年の夏は異常に暑くなります。そういえば数年前もヨーロッパカップの時に異常気象ってくらい暑い夏になって、その年もキノコが採れませんでした。

帰りにスーパーに寄って、カゴ入りのキノコを見て、思わずムッとしてしまいました。

 

⬛︎ベルリンの紅葉の季節と共に去ってしまうもの…

f:id:photoautomat:20181115055431j:image

昨日朝起きたら、私の家のイチゴの苗が紅葉していました。そういえば、道に街路樹の落ち葉がいっぱい落ちて、一面が黄色くなっていますが、一部にその落ち葉が山のように積まれていて「おっ、これで焼き芋作れるんじゃないか?」と胸が躍りました。

ちなみにこちらのサツマイモ、日本のようにホクホクの美味しい食感じゃなくて、なんか水分が多くてベチャーっとしています。糖分もなんか少ない。たまにアジア系の店に日本で売っているようなサツマイモが売ってますが、やっぱり甘みも少ない。日本に行ったら食べたいものの一つです。

f:id:photoautomat:20181115055641j:image

ところで紅葉の季節と共にベルリンの街から消えてしまうものがあるんです。

それはアイスクリーム屋さん。

ベルリンには1ブロックごとにアイスクリーム屋さんがあって、大人にも子供にも大人気。うちの近所にも数件アイスクリーム屋さんがあって、夏ともなると店の外まで並んでいて大盛況。

アイスクリーム屋さんは11月くらいから3月の半ばくらいまで休業してしまうんです。こんなに街にアイスクリーム屋さんがあるわけですから、シャッターが閉ざされ、街がその分灰色になってしまって、また寂しさ倍増。

来週からぐっと寒くなるみたいて、なんだか寂しい限りです。

 

 ⬛︎紅葉の季節、聴きたい曲

紅葉の季節の思い出のアルバム。FeistのLet It Die.

Let It Die

Let It Die

  • ファイスト
  • ロック
  • ¥1300